細胞が増殖・生存し続けるために、恒常性を維持するしくみは?

分裂回数の増加や時間経過により細胞の機能が低下する現象は細胞老化(細胞レベルの老化)と総称されます。細胞老化の原因は、ゲノムの障害、オルガネラの機能障害、タンパク質の変性などさまざまです。生物は、老化の要因を抑制し、細胞が生存しつづけるためのしくみを進化させてきました。本研究室では、真核微生物(出芽酵母、病原性真菌)、哺乳類細胞、およびマウス個体を用いて、染色体維持機構、タンパク質品質管理機構、環境応答シグナル等の観点から、細胞の増殖と生存を保証するさまざまなシステムの分子基盤を研究しています。

What's new!